プロ仕様のリアルタイムGPSレンタルショップ
19時までのご注文で全国最短発送!
全国対応 年中無休 24時間 受付中!
クレジットカード対応対応クレジット画像
オンライン注文で今なら100円引
機能
97 PV

自動追跡型GPSと従来の位置検索型GPSとの違い

位置情報の画像

今までのリアルタイムGPS発信機は位置検索型が主流でした。位置検索型は検索ボタンを押したときに初めて位置を知ることができます。つまり、検索した時の位置しかわからないのです。

その後、スケジュール機能やタイマー機能などを実装したものが現われました。これは日時を指定した間だけ自動で検索を行います。検索をできない時間をカバーするために実装された機能です。

しかしこれでも問題点はあります。それは指定した日時にGPS発信機を取り付けた対象が動くかわからない点です。もし対象が動かなければ、検索をする意味がなくなります。

このように位置検索型では自分が欲しい位置情報を入手するためには、入念な下調べと勘に頼る部分が大きいのです。

自動追跡型GPSは位置検索型GPSの弱点を克服

自動追跡型は位置検索型の欠点を補う機能を搭載することで、近年GPS業界で注目されています。

今までのGPS発信機は検索ボタンを押すことで位置情報を取得することは上記で触れました。しかし自動追跡型は、検索ボタンを押さなくても自動で位置情報を取得します。

取得した位置情報は常に履歴として残ります。そのためユーザーは常に検索をするために画面を見ている必要がありません。

一日の終わりに履歴を見ることで、対象が移動した経路を確認することが可能となりました。

画面が自動で動く、自動で更新される

自動追跡型は画面が自動で動きながら更新されます。これはGoogle Mapのイメージに近いです。自分が動くとそれに合わせて、画面に表示される地図が更新されていきます。

リアルタイムGPSでは一定の間隔で位置情報を取得します。この機能のおかげで毎回検索ボタンを押す必要がありません。また常に位置情報が履歴として残せるのです。

位置検索型では検索ボタンを押さない限り位置情報が更新されません。そのため対象が動き始めたら、常に検索ボタンを押していないと位置情報を取得できません

このように自動追跡型GPSは従来の位置検索型GPSの弱点を克服した機能がたくさんあります。

自動追跡型GPSは幅広く使われている

自動追跡型は従来の欠点を克服したことで、幅広い業界で活躍しています。特にイベント関連での需要が多くあります。大規模な会場での警備で使われたり、マラソン大会でのランナーの位置を把握することなどに使われています。

また近年では修学旅行で生徒の位置を常に把握することで、犯罪に巻き込まれても迅速に対処できるということで教育関連からの需要も伸びています。

TOPへ